ろまんちっくMTBセルフエンデュランス

 4月8日(日)は、栃木県宇都宮市の道の駅「ろまんちっく村」で行われた「ろまんちっMTBセルフエンデュランス」に参加して来ました。
 「ろまんちっMTBセルフエンデュランス」は、ライダー自身で1周ごとに周回チェック地点で「正」の字を書き付けながら2時間エンデューロレースをやるというローカルでアットホームななイベントながら、80人以上が参加した素晴しいMTBイベントです。

 コースは湿った木の根にグリップを奪われる、テクニカルな路面状況でしたがハイリスクな区間は無く、楽しめるコースでした。
 自分より速いライダーに比べて、ブレーキングが多いと感じましたし、コーナー出口でのオーバーランがなかなか解消しないままレースを終えてしまいました。
 問題はサスなのか、タイヤなのか、テクニックで解決できるのかを今後の楽しみにしていきたいと思います。

 フィジカル面では、1時間半くらいで急激にパフォーマンスが落ちて最後はヨレヨレだったのですが、いつも通りなのでこちらも解決に向けて頑張ろうと思います。

 途中で少しだけアラレに見舞われましたが、概ね良い天気でラッキーでした。
https://www.facebook.com/events/1980220512216140/?active_tab=discussion
 良い気分な一日になりました、現地でご一緒した皆様ありがとうございました。

XEBIO GROUP presents 東北シクロクロスシリーズ第6戦 SUGOラウンド

 3月12日は、宮城県菅生のスポーツランドSUGO(本コースは国際サーキットだそうです)の西コースで行われた、「XEBIO GROUP presents 東北シクロクロスシリーズ第6戦 SUGOラウンド」に参加して来ました。

 今回は快晴で、気温も10度以上の陽気の中でレースになりました。
 1か月前のインフルエンザの影響もあり、思い通りの練習は出来なかったですが、そんなことは社会人では良くある事なので出来るだけ体調を整えて行きました。
 そんな理由で、レースのコンセプトは「スタート後からペース配分は考えずバトルを楽しみ、後半垂れてしまっても良い」でした。

 実際は、スタート直後にメカトラを起こしてしまい、最後尾独走になってしまいましたが、次につなげられるようベストラップを目指して気を抜かずに走っていると、思いのほか後半まで踏めて順位を争えたので、気分良く終わる事が出来ました。
20180304sugo.jpg
 2017‐2018シーズンは、昨シーズン特殊な状況下(非常に得意なシチュエーション)で昇格して、上位クラスになり格上の選手たちとの争いに苦戦しましたが、得られるものも多く概ね楽しいシーズンでした。
 風邪などの体調不調が、わずかに悔やまれるところです。

 SUGO戦でのメカトラも解決出来るトラブルなので、風邪を引かない、疲れにくいなどの基礎体力作りから取りかかり、来シーズンに備えようと思います。

 今シーズンも毎回面白く、楽しい週末の連続になりました。皆様ありがとうございました。

東北シクロクロス2018 #4蔵王ラウンド

 1月14日に、宮城県蔵王町総合運動公園で行われた、東北シクロクロス蔵王ラウンドに参加して来ました。

 昨年参加した時は、積雪10~20㎝くらいのスノーコンディションでしたが、今回は比較的暖かく快晴だったのでレース時には、霜が解けたややマッドな状況でした。
 シーズン当初に比べて、体調が良くやりたい練習が出来ています(緩い計画を立てておいて、自転車に乗りたい時だけ状況に合わせて練習するというスタイルです)。

 レース毎に、なるべく単純な課題を数個だけ作っておいて、課題クリアーを目指してスタートします。
 今回は、今シーズン感触の良くないフラット路面でのコーナーリングをブレイクスルーする為に「コケても痛くなさそうなコーナーで積極的に攻めてみて、一回くらい転ぶ」と「走行ライン神経質になり過ぎずにワイルドに踏む」が自分で考えた課題でした。
 課題がうまくハマって、序盤のコーナーでは前走者を何度か抜く事が出来ました。自分にとっては珍しいことです。
 それでも一度もコケなかったので、課題はクリアーしたものの、もっと攻められると感じました。

 順位は、前回とあまり変わりませんが、終盤までトップグループで競えたので、とても楽しかったです。
 今後の課題は、終盤の粘り強さですかねえ。

 美人なシンガーソングライター、東北シクロクロスPR大使 水越ユカさんのミニライブや、世界選手権内定選手ドネーション報告などレース以外でも盛り上がった、楽しい大会でした。
 次のラウンドも張り切っていくゾ、風邪ひかないようにしなければ。

野辺山シクロクロス

 11月25~26日に、 長野県南佐久郡南牧村野辺山の滝沢牧場に作られた特設コースで行われた、野辺山高原シクロクロスレースに参加して来ました。http://nobeyamacyclocross.cc/?cat=21
20171126野辺山CX1
Photo bySasaki(カメラマンにも魅力的らしく、沢山写真を撮ってもらえるのもシクロクロスの楽しみの一つです)

 日本中で行われているシクロクロスのシリーズ戦の一つですが、非常に沢山の人が集まる人気の高いイベントで、通常あまり遠くまで遠征に行かないスタイルでレースを楽しんでいる自分でも行きたくなる、雰囲気の有るイベントです。
 今回も仲間に誘っていただき、楽しい時間を過ごしました。

 もちろん、競技がベースですので出来るだけ一生懸命やる前提で、シリアスにやるべき事も有りますし、沢山の人が集まる有数のイベントですのでトラブルも有りますが、全てひっくるめて「来年も出たい」と感じたイベントでした。

 現地で出会った皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

 シクロクロスを見てみたい、やってみたい方はぜひご相談下さい。

 

東北シクロクロス猪苗代ラウンド

 11月19日に福島県猪苗代町の志田浜で行われた、東北シクロクロス猪苗代ラウンドに参加して来ました。

 今回は、地元福島での開催と言う事で、自転車仲間や常連さんが本格的にボランティア参加している中、微力ながら出来るだけ手伝いをさせてもらいました。
 レースにも出走するのですが、少しでも運営にかかわる大会は多くの経験が出来、ちょっとキツイ時も有りますが自転車乗りとして成長できるのでとてもお勧めです。

↓今回は家族で参加出来てシアワセ。
20171119猪苗代キッズスタート前
 子供のスタート前。(all Photo by Sasaki)

20171119猪苗代M1スタート後
 得意のスタートをキメた所。「今日は、イケるかも」と思ってました。
 体調を崩して、しっかり休んだので調子良い感じがしましたが、乗り込みが少なかったので息が上がるのが早くズルズルと後退してしまいました。
 パンクの際には、クラス違いの仲間にホイールをサポートしてもらい、手を抜かずにゴールできたので大きな達成感を感じる事が出来て、気持ち良かったです。

20171119猪苗代M1湖畔
 カメラマンの腕で、格好良く映ってますが後半タレタレでした。

 砂、芝、泥コースに駐車場、売店、スイーツ、コンビニ、温泉が徒歩圏内にコンパクトにまとまっているという奇跡的なシチュエーションの「志田浜」。
 また、参加したいです。

 参加者、関係者の皆様、どうもありがとうございました。
 

猪苗代リゾート スラローム&ダウンヒル

 10月21・22日に福島県の猪苗代リゾートスキー場で行われた「猪苗代リゾート スラローム&ダウンヒル」に参加して来ました。
20171022猪苗代DHクニイ
 ダウンヒルレースと言うと「頭がイカれていて、スペシャルな機材と技術を持つ超人のやる事」というイメージ?ですが、節度を保ってやれば、それなりの機材と体力、テクニックで楽しめます。
20171022猪苗代DHオズイトウ
 自分自身は、初めてのダウンヒルイベントと言う事や、下りがあまり得意では無い(嫌いでは無い)という事で、レースと言うよりも沢山走って楽しむというコンセプトで参加しました。
 バイクはリヤサスペンション無しの普及グレードのクロスカントリー用で「タイヤと足の裏以外が接地したら負け」「怖いと思うスピードを出さない」と言う「自分ルール」で走行しました。
 本降りの雨の中、休みなく(ゴンドラで素早く登るので休憩できる)泥んこプラクティス走行を楽しんで、レースも手堅く走って一日ハッピーでした。
20171023サスフォークメンテ
 誰よりも沢山走って遊んでいたので、フロントサスペンションの中に泥水が沢山入ってしまいました。
 きっとイベント後半はまともに動いていなかったと思いますが、だいぶ体力を消耗していたので、あまり実感出来ませんでした。

ジロデ白河2017 ランバイク編 ~By おかん~

城 d' 白河2017 Rカテゴリー編

公道レースとは別に、イベント広場で行われた、ランバイクレース。
おかんは現場監督でした。

今年からは、出来るだけ小さなお子さんにゆとりを持って走らせてあげたいとの思いから
小学生以上のクラスは廃止させて頂きました。
楽しみにされていた方、ごめんなさい。

今年は80人ほどのお申込み。昨年も参加してくれたお子さんが30人も。
ありがたいです!
自転車レースへWエントリーされているお子さんも。
入学前のお子さんの補助輪率が下がったのは、ストライダーの影響!?

お天気に恵まれ、和やかな陽気の中、
元気な子供たちの涙あり、笑顔ありで楽しく過ごしてきました。

JIRO2017_R_001
白河のヒーロー、ダルライザーと!今年は映画も放映されました。

JIRO2017_R_002

JIRO2017_R_003
前日にここで準備しているとき、寝台特急カシオペアが通過しましたよ!

JIRO2017_R_004

JIRO2017_R_006


参加された皆さま、応援頂いた皆さま、お手伝い頂いた皆さま、ご協賛頂いた皆さま
ありがとうございました!

豚汁、たさぶろうさんのおにぎりも美味しかった~




あぶくま自転車工房はSTRIDERの正規販売店です。

STRIDERとヘルメット(在庫品に限る)を同時購入でヘルメット3,000円均一!
詳しくは→http://abukumajitensya.web.fc2.com/sub2_famitan2.html

店舗前にはコースもありますので、ぜひ遊びに来て下さい♬
ストライダー安全点検キャンペーン実施中(10月末まで)
※ホイールの振れ取りは有料になります。

協賛賞品だった、OK・とまと・ファクトリーさんの
美味しい餃子やトマトソースは
当店でもご予約販売しています!
20170929_152806.jpg








tag : あぶくま自転車工房 白河 STRIDER ジロ

ジロデ白河2017

 地元、福島県白河市で行われた「ジロデ白河2017」に参加して来ました。
http://www.giro-d-shirakawa.jp/

 今回は、設営・撤収の手伝いなど仕事は有りましたが、
競技前後は自由な時間が有ったのでレースを楽しみました。

 コースは1本の道路を往復する単純なものですが、
トラックレースが面白いのと同じように、さまざまな選手の思惑が入り乱れて
レース特有の面白さになったと思います。

 時々、お手伝いしている白河市の自転車教室や、
練習会に来てくれる子供達も活躍して、興奮しました。

2017ジロデ白河エリート
Photo by Miyazaki

 クリテリウム、ロードレースは簡単ではなく危険を伴う難しい競技ですが、
すごく魅力的でもあり競技人口は増えています。
 興味がある方は、経験者やスクール、競技に詳しい自転車店にご相談ください。
お待ちしています。

日本スポーツマスターズ2017兵庫大会

 兵庫県明石市で行われた、日本スポーツマスターズ2017兵庫大会に参加してきました。

 昨年より、ほんの少しタイム短縮できましたが、もう少し良くして順位を上げたいところです。
 今年も全国の友人たちと出会えて、とても楽しい大会になりました。

 チームメイトにも大変お世話になりました。
 また、チャレンジしたいと思います。
 ありがとうございました。

2017福島県総体自転車競技大会

 7月9日に泉崎サイクルスタジアムで行われた、福島県総体自転車競技大会に出走して来ました。

 4キロタイムトライアルのタイムは6分ちょっと、団体追い抜きは私が最後に千切れて、5分20数秒でした。
 シリアスに競技しているライダーだとチョット恥ずかしいタイムをなぜ晒したかと言うと、ファンなライダーにも参加してみて欲しいからです。

 トラックレースはロードレースに比べてマイナーな存在ですが、自転車競技に必要なスキルが沢山詰まっており、意外に思われるかもしれませんが上り・下り・左右コーナー・ブレーキングが有るロードレースより概ね安全です。
 ロードレースよりも先に、やって欲しいと思っているくらいです。

 「正しい始め方を教わらないと、危険も有る(何でもそうですが)」と言う事がデメリットでしょうか。
 ロードやMTBなどの競技力を上げたい方で、トラック競技未経験の方はぜひチャレンジして見て下さい。
 
2017福島県総体中央はバリバリの大学競技部ですが、両サイドは週末ライダーのオジサンチームです。
 当日は楽しく過ごさせていただきました。関係書の皆様、ありがとうございました。

 「始め方が分からない」と言う方は、ご相談ください。

第5回ジンデュランスIN猪苗代

 6月4日(日)に、福島県の磐梯南が丘牧場で行われた「第5回ジンデュランスIN猪苗代」に参加して来ました。
http://jingisu-cup.com/

 「磐梯南が丘牧場」とはコース近くに駐車場、トイレ、レストラン・レストハウスが有り、クロカン系MTBライダーにとって天国のようなアウトドア施設です。

 そんな素晴らしい場所とコースで、3時間耐久レースが行われました。

 初心者から上級者、大人から子供まで、一緒にコースを走りますが独特のローカルでアットホームな雰囲気で、ギスギスした雰囲気はどこにもありません。
 しかし、競技としてはしっかり楽しもうと、それなりの準備をして、息子とファミリークラスに参加しました。
 昨年の同大会よりも、良い成績を上げようと頑張りましたが、子供を含むクラスなのでライバルのキッズ達も皆、速くなっており目標の順位には届きませんでした。

 息子はどんどん速くなっており、成長を具体的に目の当たりにしてグッときてしまいました。
 そのうち表彰台に乗れるように、今後は私自身のスピードアップが望まれます。

 できれば毎回参加して、家族で楽しんでいければ良いなと思います。

 関係者、参加者の皆様また、宜しくお願いします。

 

第5回もてぎ7時間エンデューロ GW 2017

 栃木県のツインリンクもてぎサーキットで行われた「第5回もてぎ7時間エンデューロ GW 2017」に出走して来ました。

 有名な大会で、その楽しさは多くの人が知っていますが、多人数でハイスピードで走る経験がなかった今年の自分には、すごく刺激的なレースでした。
 序盤にあまり無理をしなかったせいで、終盤に速いグループで集団走行する気持ち良さを存分に味わえました。

 足つり防止の「名短本舗の2RUN」を飲み忘れて、早い時期に攣りそうになるピンチが有りましたが、決定的なダメージを受ける前に回復出来ました。

 OGK社の新型エアロヘルメット「AERO-R1」を使用しましたが、スピードが速くなったかどうかは判断できませんでしたが、内部の風抜けは良く、他の製品に劣ることは有りませんでした。
 バイザーの使い勝手が大変良く、メガネ・ゴーグル型のアイウェアに比べて、非常に楽でした。視力が良く、普段からメガネをかけていないので、よけいに良く感じたのかもしれません。

 気候や楽しい友人たちにも恵まれて、最高な一日になりました。皆様ありがとうございました。

もてぎ7時間のレースのゴールをした所。

 残念ながら何件かの落車事故があったようで、骨折等の重症の方も見かけました。
 サイクリングクラブの関係者の方々には転んだ人がいなかったのは不幸中の幸いでした。
 自転車レースには落車はつきもので2輪の対戦競技という性格上、完全に事故を無くすという事は出来ないと思いますが、それでも「事故を無くす」という目標に「全員」で向かわなければならないと思います。

タイム測定

 先週計測した、あぶくまカップルールhttp://abukumajitensya2.blog51.fc2.com/blog-entry-1645.htmlでのフライング1周、2周、6周の合計タイムが直近1年間のベストタイムを更新しました。
 嬉しいです。

 パーソナルベストを超えることは出来ませんでしたがマスターズな年齢なので「昨日の自分を超える」事が出来れば良しとして、競技を楽しんでいます。

K-West CX

 「K-West CX」とは地元の有志が主催し、栃木県大田原市黒羽向町の中学校跡地で行われている、小さなダートレースイベントです。

 「数人の若い有志が、地域で小さなレースイベントをやる」というのは、現在の日本自転車界に足りない物の一つだと思っています。
 地域のレース愛好家が気軽に参加できる、コミュニティの一つになるようなイベントが有れば、競技人口の底辺が広がっていくはずだと考えています。

 また、大きなイベントに「お客様」として参加することは楽しい事ですが、小さなイベントを運営することで、より深く自転車競技が分かるようになるでしょう。
 イベントの運営側にまわったことが有るライダーは、そうではないライダーとは自転車乗りとしては少し上のレベルという事が出来ますね。

 少し前に選手として参加させていただいた「K-WestCX」の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=hB5dNFGtEVU&feature=youtu.be

 手作り感満点のコース図です。
kwestcxコース図

 こんなイベントに刺激を受けて、競技に参加したり、イベントをやったりする方が増えると良いなと思います。

茨城CX#3「城里ふれあいの里ステージ」

 1月29日に、茨城県城里町で行われた「茨城CX#3 城里ふれあいの里ステージ」に出走して来ました。
城里CX全景Photo by Saito
 天気も良く、残雪もないコースコンディションをなめてかかってましたが、試走をしたらテクニカルで大変面白いコースでした。
 上の画像の名物キャンバー「悪魔の谷」や100段近い階段セクション「天空階段」は苦手なセクションでしたが、特徴的で素晴らしいと思います。キツイですけど。
 相対的に地味な林間セクションが、実は細かいテクニックやミスでタイム差がつきやすい、こちらも面白いコースでした。

 自分のレースでは、同じパックで終始展開した相手に最終周の階段セクションで千切られてしまいました。
 長い時間前を曳いてしまったので「後ろに着けば良かったかなあ」とも思いましたが、3位の選手を追いかけるという積極的なメンタルで走り切るのも気持ち良かったので、満足しています。
 しかし、初めて同走したこの相手が自分と同じシングルスピーダーだったので、燃えました。
 東北CXシリーズをメインに走るので、あまり同走する機会がないのですが、また競い合いたい相手です。

 昨シーズンに比べて、レース後半のタレが少なくなってきました。今シーズンから始めたトレーニングをもっと進めて行こうと思います。

 だいぶ前から「出る出る」と言い続けて、やっと初めて参加した茨城CXでしたが、やはり他のシリーズとは違う独特の雰囲気が有って興味深いです。
 自宅からは近い方だし、また参加したいイベントです。皆さま、ありがとうございました。

TOHOKU CX Project 第3戦 ZAOラウンド

 TOHOKU CX Project 第3戦 ZAOラウンドに出走して来ました。http://www.tohoku-cx-project.com/

zao3.jpgphoto by kunii

 当日は、現地までの積雪の状態を気にしながらのドライブになりましたが、地元の元職業ドライバーのクラブ員様に運転してもらい、何事も無く現地に到着できました。
 過去の経験から「そうとう悪条件でも、レースはほぼ行われる」東北CXですので、道中の積雪が問題無くて良かったです。

 レースは序盤の先頭パックが崩れる時に、トップ選手からズルズルと離されてしまいました。
 単独走行でしたが、前走者も後続も見える状態で、ヒリヒリする緊張感を楽しめました。
 中盤のフロントのスリップダウンからコーナーにビビってしまい、車体を立てすぎて、よけいフロントがスリップする悪循環にはまってしまいました。

 「低グリップだと、車体を立て曲がると良い」という考えもありますが、僕の場合は普段から「立て過ぎるクセを、意識的に強制」して走行しているので、今回は「焦って立てすぎてステアリングを切りすぎてプッシュアンダー」でした。

 レース後見学したコーナーの速い選手は、的確なスピードとラインだったと思いますが、コーナリング中はとてもニュートラルな感じに見えました。

 やはり寒かったですが、雪がカラカラで衣服が濡れなかったので、ベチャ雪になるよりも良かったかもしれません。

zao2.jpgphoto by FABtroni+camera

 前回、郡山ラウンドはボランティアに参加させていただきましたが、今回の運営の皆様は、もっと大変だったと思います。
 いつも通り、楽しく過ごさせていただきました。関係者の皆様ありがとうございました。

zao4.jpg
 前と離されましたが、3位になれました。もっと工夫出来るかも、と思える内容だったので、次回も楽しみです。

東北シクロクロス第2戦 郡山ラウンド

 2016年12月25日(日)に福島県郡山市の大槻公園で行われた、東北シクロクロス第2戦・郡山ラウンドに出走して来ました。

 今回は、当店からみると同県内で、車で一時間という比較的近い会場だったので、有志のクラブ員の方々とコース設営・立哨ボランティアとしても参加させてもらいました。
 ボランティアの方々のみならず、参加選手や公園利用者の方々の協力で、反省点は有りますが、自分の担当場所はなんとかこなせたように思います。
 選手や関係者が、ときどき運営側に回るという事は、選手としても非常に良い経験になると思いうので、多くの方がそのような機会を持つ事が出来れば良いなと感じます。

 選手としては設営を手伝ったおかげで、コースをポイント的に下見する事が出来ましたが、自分的スケジューリングミスで、1周通しで走る機会を逸してしまい、コースの全貌がつかめないまま、ウォームアップもしないまま出走になってしまいました。
 マスターズのレースでは、スターティンググリッドもタイミングも良く、最高のスタートを決めましたが、トップの選手とは走力の違いを見せつけられ、終始タイム差をつけられながらの走行になりました。
 終盤、少しミスもあり順位争いをした選手からも、最後は振り切られてしまう感じでした。
 しかし、あまり得意でないフラットなコースで、昨年は終盤に止まってしまうほどだったので、今回はうまくやれたという感じです。
 多くの応援が有ったので、なんとか集中力を切らさずに走りきれたようです。
tcxkoriyama.jpg


 当クラブからも、過去最多の参加が有りレースにボランティアに活躍しました。最高に良い思いをさせてもらいました。

 また凄く楽しんでしまいました。皆様、ありがとうございました。

Raphaスーパークロス野辺山に参加して来ました。

 2016年11月26~27日に、長野県の野辺山高原にある滝沢牧場で開催された「Raphaスーパークロス野辺山」に参加して来ました。

 「Raphaスーパークロス野辺山」と言えば、数年前から人気が過熱しているシクロクロス界において、日本有数のビッグイベントで、いつかは行ってみたいイベントの一つでしたが、縁があってとうとう参加することが出来ました。

 普段から、いろんな人に気軽にレースをやってほしくて、低ランニングコストにこだわって、シンプルで丈夫な機材でシクロクロスに挑戦しています。
 いつもシングルスピードのバイクでレースを走っているので、シングルスピード日本一決定戦とも考えられる野辺山CXのSSクラスには思い入れが有ったのですが、上位の選手には走力の違いを見せつけられました。
 仮装して走るライダーも多く、お互い応援したり、洒落でサンタクロース仮装の裾を引っ張ってみたり、やっぱり最後はガチで競い合ったり、普通のレースにない興奮が有りました。

マリアー二
工房に遊びに来てくれたマリアーニさんのTシャツで走りました。来年、80歳の部でのアワーレコード更新にチャレンジするそうなので応援しています。

 2レース走ったのですが、2回目はマスターズの下位クラスに出走しました。
 二日目のこのレースは得意としている「技術が有ればギリギリ乗車出来るマッドコンデション」を多く含むコースで、スタートグリッドが最前列だったり、シングルギアのギア比がばっちり決まったり、コースのいたるところで、応援してもらったりと幸運が重なり優勝できました。
 思い切って遠征したビッグイベントで、ローカルクラスながら勝てたので、とても嬉しいです。

表彰台

おおむらさん
くにいさん
【photo by Sasaki】
今回参加した、あぶくまチームは皆シングルスピードだったので、機材トラブル無し、部品交換無しでイベントを走り切りました。

 
 とにかく、レースイベントでありながら走る人も見る人も、オフィシャルさえ、笑顔の絶えない楽しいイベントでした。
 関係者の皆様、ありがとうございました。また来年も参加したいイベントです。
 

東北シクロクロス、さがえラウンド

 10月30日は、山形県寒河江市の「グリバ―さがえ」という多目的緑地、水面広場http://www.space-and-time.jp/で行われた、東北シクロクロスさがえラウンドに参加して来ました。http://www.tohoku-cx-project.com/

 日が出ればポカポカ暖かく、陰ればやや肌寒いというスポーツには最適なお天気に、芝、少しの泥、少しの石ころと土手、という最高なコースで、笑ったり、もがき苦しんだり、1日楽しみました。

 やや苦手なパワーコースかなと思って走り出しましたが、真っ直ぐ走るだけでもなかなか難しいテクニカルセクションも多く、フィジカルの高い選手と一進一退を繰り返す、面白いレースになりました。
 重くグリップしない路面を走るときに、他選手よりアドバンテージが有った様でしたが、終盤の担ぎ区間では失速した感じでした。
 先シーズン、クセになっていた足攣りがなかったので、その部分は改善してきたと思います。
2016-10-30さがえシクロクロス写真、いつもありがとうございます。

 沢山の仲間のおかげで、楽しいイベントになりました。
 皆さま、ありがとうございました。

 次戦は地元、郡山市で行われる予定ですので、格好良く走れる様に努力して、出来るだけ運営のお手伝いもしようと思います。
 近隣の方で、興味のある方はぜひ参加、観戦してみて下さい。ご相談はいつでもどうぞ。

2016ジロ デ シラカワ

 10月13日に行われた、ジロ・デ・シラカワに参加して来ました。

2016ジロママチャリ ママチャリの部での一コマ。 ロードレーサーの部にも参加しましたよ。

 最高の天気だった事も有りますが、例年通り観客も多く、素晴らしい大会になりました。
 今年は、メカニックブースをやらせていただきましたが、第5回という事でリピーターが多く、参加者同士で教えあったりして、計測器の取り付け不良やスケジュールについての質問などのトラブルは、年々少なくなっている印象です。

 運営の手伝いもちょっとさせていただきましたが、大きなイベントの裏方の大変さを垣間見て、レースイベント参加が趣味の自分としては頭が下がる思いです。
 メカニックブースを不在にすることも多く、常連様や近隣自転車店様にもご協力いただき、ありがとうございました。

 メカニックをした印象ですが、パンク等は少なく、変速不良が大半でした。「行きつけの自転車屋さんが無い」という方が多かった様です。
 また、ディープリムのバルブ不調や内蔵ブレーキ、電動シフトなど、スペシャルな機材はトラブル時に現場での復旧が難しいので予備のホイールや自転車の必要性を感じます。
 シリアスにリザルトを求めるには、スーパーな機材のメリットとデメリットをよく理解して、対策を練る事が必要ですね。
 1〜2週間前にはレース仕様で複数回、練習しておくことをお勧めします。

 感想としては、非常に楽しい大会です。皆に体験してもらいたいイベントです。
 このままずっと続いて、伝統的祭りの様になって欲しいなと思います。

 会場で出会った皆様、関係者の皆様、楽しませていただきました。ありがとうございました。
あぶくま自転車工房です

店主:坂田 智徳

店主:坂田 智徳
ブログへようこそ!
2010年4月3日オープンしました。

クロモリフレームや手組車輪の制作および自転車や用品販売をしています。
見物や自転車談議、大歓迎!

気軽に遊びに来て下さい!
BMXコースもあります。

★☆★★☆★
店舗住所:
福島県西白河郡
矢吹町松倉688-12

TEL&FAX
0248-53-1011

HP:
http://abukumajitensya.web.fc2.com/

メール:
abukumajitensya@ybb.ne.jp

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
QRコード
QR